.

キサンタンガム

キサンタンガムは微生物である“キサントモナスキャンペストリス”が通気培養される際に代謝により産出される多糖類です。

キサンタンガムは今日ではソースやドレッシングなどの食品用途に加え、歯磨き粉などの工業用途にも広く利用されています。

カーギルの製造するキサンタンガムには遺伝子組み換え原料は使用されておらず、証明書の発行が可能です。

カーギルのキサンタンガムはSATIAXANE™(サチアキサン)の商標で食品、医薬品、化粧品、工業用途に提供されております。

背景

キサンタンガムは50年程前に米国イリノイ州で発見されました。多くの微生物が培養工程において多糖類を産出することが知られておりますが、キサンタンガムは唯一工業的に大量生産される多糖類です。

.
.