.

企業の社会的責任

1865年の設立時、カーギルのビジネスは 「我が言葉は我が証書」という信条のもとに構築されました。信頼と尊重の文化に根差す多様性に富むグローバル企業として、この信条は現在もカーギルがビジネスを展開する基準であり続けています。その中で、私たちは説明責任を果たし、誠実にビジネスを行っています。環境への影響の低減のほか、私たちが暮らし、仕事をする地域の活性化を実現するという責任ある方法で、世界に食を提供することに取り組んでいます。カーギルが意欲を燃やすのは、人々を豊かにする事、サービスを提供する農業、食品、工業、金融のあらゆる領域で、責任を持って業務を展開する世界的なリーダーになるという目標の達成です。

.
.