私達が取り組んでいる分野

食料安全保障

Rural development child returns to school食料安全保障は、健康で生き生きとした生活の基礎となる安全で栄養のある食品が、良心的な価格で人々に提供されてこそ実現するものです。食生活を改善する栄養価の高い食品を消費者に提供することで、カーギルのビジネスは食料安全保障に貢献しています。こうした中、カーギルは毎年、数百万件の農家と協働し、さらに多くの農産物のより持続的な産出、参入市場の拡大、公正な価格設定、農家の生活水準の向上を目的に支援を行っています。また、飢餓に対する長期的な解決策を見出し、安全で栄養価の高い食品をあらゆる人々に低価格で提供するために、官民のパートナーと連携しています。世界、国、そして地域の組織といった多様なグループとのパートナーシップを通じ、世界中の飢餓を減少させ、栄養状態を改善するために、カーギルはここ5年間で5,500万ドルを上回る寄付を行っています.

信頼できるサプライチェーン

カーギルは、サプライチェーンに存在する経済、環境、社会に関する複雑な課題への対処に取り組んでいます。私たちが考える責任あるサプライチェーンとは、人々や人権の尊重、安全で健康によい食品の生産、動物に対する人道的な配慮、最良かつ責任ある農業手法の推進、土壌の保護や希少資源の保全など、環境への影響の削減がすべて達成されるものです。そのため、カーギルではビジネスパートナー、政府、非政府組織、(NGO)、コミュニティと連携し、持続可能な経済の発展と責任ある手法の推進を図っています.

Environmental innovation bioboiler環境への責務

カーギルの目標は人々の生活を豊かにすることです。ところが、このシンプルで真摯な目標は、世界人口の拡大によってさらに挑戦的なものになっています。人と動物の糧となる作物が力強く成長するためには、きれいな水、空気、土壌、そして日光が必要です。そのため、私たちは地球の天然資源に対して常に責任を持たなければなりません。カーギルが継続的な成功を実現するためには、環境保護への絶え間ない取り組みが必要なのです.
環境維持に向けた取り組みの詳細情報を、ぜひご覧ください.

Food safety leadership laboratory食の安全

農業と食品に携わる企業として、カーギルが継続する事業の根本を成すのは食の安全です。カーギルの目標は、高品質で安全な食品をいつでもどこでも提供することです。とはいえ、この重要な領域での取り組みに終わりはありません。そのため、生産する製品の安全性の確保から開始し、世界中の食の安全の向上へと拡大させる中で、お客様や消費者からの信頼を獲得できるよう日々取り組んでいます.
食品安全に関するカーギルの取り組みの詳細は、下記からご確認いただけます.

コミュニティとの関わり

カーギルは、私たちが暮らし、仕事をするコミュニティが抱える課題への長期的な解決策となるプログラムをサポートすることで、活気のある安定したコミュニティの構築を支援しています。こうしたプログラムにはカーギルの従業員も参加し、その専門知識を活用するほか、周りの人々と連携する機会にもなっています。また、人々の栄養状態や健康、教育、環境への対応を改善するプログラムには、過去3年の平均に基づいて、税引き前の全社連結利益の2%を寄付しています。2012年度は57か国での慈善事業に寄付を行い、その総額は6,990万ドルに到達しています。コミュニティでは、従業員、ビジネスパートナー、地域のパートナーが一体となり、有益で目に見える改善を実現させています.

.